AGF「ジャパン・ハウスサンパウロで煎と和菓子提供」

      執筆者:箕野 進

味の素ゼネラルフーヅ株式会社は、外務省が日本の様々な魅力を「世界を豊かにする日本」として表現・発信するために開設した、海外における新た な情報発信拠点「ジャパン・ハウス」の第一号、「ジャパン・ハウス サンパウロ」にて、オープニングウィークの2017年4月30日から5月4日(現地時間)までAGF〈煎〉を提供した。 「ジャパン・ハウス」は、ステレオタイプではない、日本の多様な姿を発信し、「いかに日本を知らなかったか」ということに気づいてもらうことを通じて、幅広く日本への関心を喚起することにより、親日派・知日派の裾野を拡大し、そこから新たな活力ある交流を生み出していくプロジェクト。グラフィックデザイナーの原研哉氏が総合プロデューサーを務めるとともに、「ジャパン・ハウス」が創設されるロンドン、ロサンゼルス、サンパウロの3都市に事務局を設置し、現地の理解と共感を得る形で発信を行っている。オープニングウィーク初日には、建築家の隈研吾氏が施設設計を担当した「ジャパン・ハウス サンパウロ」のオープニングセレモニーが行われ、オープニングウィーク期間中の来場者には同施設内のカフェにて、AGF〈煎〉と老舗和菓子店「榮太樓總本舗」の「日本橋まんじゅう」が提供された。ブラジル産のコーヒー豆を一部使用し、日本の軟水に合わせて設計された気高く繊細な香りが特長のAGF〈煎〉と、日本独自の食文化である和菓子が互いの繊細な味わいを引き立て合う絶妙な調和を、訪れた人々は堪能した。。

当日会場を訪れ、AGF〈煎〉と「日本橋まんじゅう」を体験したブラジル日本文化福祉協会会長 ハルミ・アラシロ・ゴヤ氏は、「このコーヒーは繊細で、喉に残らないと感じました。一度だけではなく、何度も飲みたくなります。そしてコーヒーを飲んだら饅頭を食べたくなり、もう一口飲んだら、饅頭をもう一口食べたくなる感じがしました。まるで互いのために作られた感じがしますね」とコメントしていた。また、ブラジル広告代理店協会 会長 マリオ・デ・アンドレア氏は、「飲みなれているコーヒーに比べるととても違う香りがあり、とても美味しいです。そしてコーヒーの味がもっとはっきり感じられると思いました。後味も、喉や舌に残らない感じです。日本文化を知るためにも皆さん試飲すべきだと思いました」と語り、普段経験することのない“日本”に触れ、「ジャパン・ハウス」の目的の一つである「日本とは何にか」を考える体験を楽しんだ。