キリン「旅する氷結(R)」年間販売目標を上方修正

      執筆者:motoe

キリンビール(社長:布施孝之)は、世界各地の人々がその土地で飲んでいるお酒やスタイルを氷結(R)ストレート果汁でおいしく飲みやすくアレンジしたライト感覚で楽しめるRTD新商品「キリン 旅する氷結(R)」シリーズが好調につき、年間販売目標を当初予定(70万ケース)の約2倍となる130万ケースに上方修正した。同じシリーズは、3月21日から全国で発売を開始したが、発売から約2カ月余りで年間販売目標を達成。夏の最需要期(6-8月)に向けて当初予定の約3割増産し供給体制を整えるとしている。

なお、同社では好調の要因を①世界各地のお酒を「氷結(R)」流にアレンジし、「旅をしているかのような気分」を演出したこと②俳優の高橋一生さんを起用した広告・プロモーションを展開したこと③一般的なRTD商品と比べて20~30代を中心とした若年層に支持されていることと分析している。

また、7月18日には新シリーズとして「キリン 旅する氷結(R) ハオチーライチ」を発売する予定だ。350ml缶、オープン価格。

【商品概要】
●商品名:
(1)「キリン 旅する氷結(R) マンマレモンチーノ」(3月21日発売)
(2)「キリン 旅する氷結(R) アップルオレンジサングリア」(3月21日発売)
(3)「キリン 旅する氷結(R) カリビアンモヒート」(3月21日発売)
(4)「キリン 旅する氷結(R) ロコロコパイン」(5月9日発売)
(5)「キリン 旅する氷結(R) ハオチーライチ」(7月18日発売)
●発売地域:全国
●容量/容器:350ml缶
●価格:オープン価格
●アルコール分:4%
●販売予定数:約130万ケース(7,600KL、250ml×24本換算)
●製造工場:キリンビール取手工場、岡山工場、キリンディスティラリー富士御殿場蒸溜所