キリン・ディアジオ「ワールドクラス」日本大会を開催

      執筆者:motoe

キリンビール(代表取締役社長:布施孝之)のグループ会社であるキリン・ディアジオ(代表取締役社長:西海枝毅)は、ワールドクラス ベストバーテンダー・オブ・ザ・イヤーを決める世界大会へ出場する日本代表を決定する「ワールドクラス2017 ジャパンファイナル」を6月24日、6月25日の2日間にわたり開催する。

「ワールドクラス」は、今回9回目を迎え、世界約60の国と地域から約25,000名が凌ぎを削る大会へと成長。世界中のバー文化と価値を高め、お酒の楽しさ、素晴らしさを伝えていくことを目指している。これまで、2011年のインド・ニューデリー世界大会では日本代表の大竹学氏(パレスホテル東京)、また、2015年の南アフリカ・ケープタウン世界大会では、またも日本代表の金子道人氏(LAMP BAR)が、見事ベストバーテンダー・オブ・ザ・イヤー(世界王者)に輝いた実績があり、日本は世界で唯一2人もの世界王者を輩出する快挙により、バーテンディングスキルの高さを世界に証明すると同時に日本国内においても「ワールドクラス」 への注目度を増す結果となっている。。本年度も予選大会が各国で開催され、各国代表が参加する世界大会「ワールドクラス2017 グローバ ルファイナル」はメキシコ・メキシコシティにおいて8月20日より24日の5日間開催され、最終日に「ワールドクラス ベストバーテンダー・オブ・ザ・イヤー」の受賞者が決定する(現地時間8月24日20:00頃授賞式予定)。

「ワールドクラス2017 ジャパンファイナル」では、予選を勝ち抜いたバーテンダー10名が4つの競技を行い、バーテンダーのパーソナリティも含めた「技」、「味」、そして「おもてなし」を競うと同時に、今年 から新しい試みとして、スーパープレミアムジン「タンカレーナンバーテン」、スーパープレミアムウォッカ「ケテル ワン」、スーパープレミアムテキーラ「ドンフリオ」、スコッチウイスキー「ジョニーウォーカー」の Pop Up Bar を立ち上げ、カクテルを通じてブランド体験ができる企画も用意されている。

【「ワールドクラス2017 ジャパンファイナル」概要】
●日時:6月24日(土)15:00~19:30
6月25日(日)11:00~18:00
●会場:表参道ヒルズ スペースオー(東京都渋谷区神宮前4丁目12番10号)