SHARI「SNS映えするロール寿司折り詰め」発売

      執筆者:fujino

ウエディングプロデュース・レストラン運営のノバレーゼは、一口サイズで色とりどりのロール寿司を詰め合わせた秋の行楽弁当を、東京・銀座の創作和食店「SHARI THE TOKYO SUSHI BAR(シャリ ザ トーキョー スシバー)」で、9月18日~10月31日まで販売する。同商品には、サンマやナスといった秋の食材を使ったロール寿司2種と、イタリアンの前菜をイメージした、カプレーゼ風ロール寿司、燻製した梅干しのピューレをソースに使った、進化系和食ロール寿司の新作4種のほか、ローストビーフや焼きサバ、穴子、ソフトシェルクラブのロール寿司など、お店で人気の定番ロール寿司8種を加えた、計12種を36貫詰め合わせる。魚介や肉を和洋折衷にアレンジした創作ロール寿司は、日本酒やワインなどお酒との相性の良さも評判で、蓋を開いた瞬間から、思わずスマホで写真を撮影したくなるような華やかさ。直径2.5cmと女性でも一口で食べやすくしている。販売価格は税込4500円(12種36貫、3~4人分)。基本的に前日までの事前予約制で、店頭で引き渡す。期間中は9種18貫の少人数用(税込2400円、1~2人分)と、9種9貫(税込1200円、1人分)の折り詰めも用意し、行楽シーンや人数に合わせて、種類を選べる(いずれも新作ロール寿司4種が入る)。また、新作ロール寿司4種は、レストランでもディナータイムに単品提供(1貫税込250円~、注文は2貫から)している。ショップ公式サイトは、http://restaurant.novarese.jp/shari-ginza/。