シェイク シャック「六本木店オープン」限定バーガーも

      2017/10/27   執筆者:fujino

サザビーリーグは、ニューヨーク発のハンバーガーレストラン「Shake Shack®」の日本6号店を11月1日に六本木ヒルズ ノースタワー内にオープンする。細長く縦に約30m伸びたユニークな作りの「シェイク シャック 六本木店」は、「型破りな、普通じゃない」といった意味を持つ「Off The Wall」をデザインコンセプトに生まれ、店舗を斜めに走るようにせり出た天井と、そのラインに沿って色分けされた床のタイルが、目には見えないけれどまるで一枚の壁が入口から奥まで縦断しているかのような ダイナミックな空間を作り出している。店舗限定メニューとして各店で人気のコンクリートは、新たに3種類のラインナップが六本木店限定として仲間入り(Small:税別480円、Regular:税別650円)。Whatcha gonna do とかけたネーミングの「Matcha Gonna Do(マッチャ ゴナ ドゥ)」は、濃厚なバニラカスタードにフレッシュなストロベリーピューレとバニラドーナツをミックスし、抹茶をトッピング。「Shack Attack(シャック アタック)」は、Minimalがシェイク シャックのためだけに作ったシェイク シャックダークチョコレートブレンドを含む計4種のチョコをチョコレートカスタードにトッピング。そして、バニラカスタードに香ばしいピーナッツバターと食感が楽しいシーソルトショートブレッド、マシュマロソースをトッピングした「Roppongi Peanut(ロッポンギ ピーナッツ)」は、アメリカンクラシックなフレーバーを楽しめる。六本木店は、アルコールのラインナップも拡充。更に、六本木を拠点とするNPO団体とパートナーシップを組み、その売り上げの5%を寄付する予定。また、Shake Shack 日本上陸2周年を記念し、11月11日には、「カラシビ味噌らー麺 鬼金棒」とコラボした「KARASHIBI Burger(税別1,080円)」を、外苑いちょう並木店にて400個限定販売する。奥の深い風味と辛味のオリジナル唐辛子スパイスに、インパクトある痺れを持つ香り高い山椒をブレンドしたカラシビスパイスを、シャックソースに混ぜ込み、上下のバンズにたっぷりとスプレッド。ジューシーに焼き上げたホルモン剤フリーのアンガスビーフ100%のパティの上には、八角などのスパイスで香り付けし、甘さを引き立てたとろける角煮チャーシューを豪快に2枚乗せ、甘酢漬けのキュウリとシャキシャキとしたネギをトッピング。さらに、「鬼金棒」のトレードマーク、金棒をイメージしたヤングコーンの素揚げを添えた至福のチャーシューバーガーで、これまでにない新しい味わい。