日本アクセス「第5回フローズンアワード審査会」開催

      執筆者:箕野 進

日本アクセスは12月12日、「第5回フローズンアワード2017~2018」を同本社で開催した。フローズン市場の拡大、活性化を目的に2013年にスタートした企画で、5回目を迎えた今年は集大成として「王者決定戦」を開催。冷凍食品メーカー18社、アイスクリームメーカー13社が参加、冷凍食品77品、アイス65品がノミネートされ、百万件を超える一般消費者のWeb投票と全国小売店123社バイヤー149名による投票で勝ち残った商品に歴代チャンピオンを加え、冷凍食品3部門、アイスクリーム3部門のランキングが決定。同日、マスコミ関係者、食のプロ10名のアワード審査員により、冷凍食品大賞 ニチレイフーズ「本格炒め炒飯」、アイスクリーム大賞 明治「明治エッセルスーパーカップ Sweet's苺ショートケーキ」がそれぞれ選出された。アクセス田中茂治取締役会長は「販促活動にはいろいろあるがランキングを決めるイベントは非常に効果的、今後も継続したい」と語った。