コープデリグループ「第12回キッズデザイン賞」受賞

      執筆者:motoe

コープデリ生活協同組合連合会(本部:埼玉県さいたま市、理事長:土屋敏夫、会員生協:関東信越の7生協)は、特定非営利法人キッズデザイン協議会主催の「第12回キッズデザイン賞」において、全受賞作品252点の中から、SDGs(持続可能な開発目標)を基盤においたコープデリグループの子育て応援活動が評価され、優秀賞である「消費者担当大臣賞」を受賞した。1都7県にまたがる同グループの子育て支援活動は多岐にわたるが、なかでも一年間にわたって米から餅に なるまでを学ぶ生産体験、野菜の収穫、出荷、販売を体験できる産地見学イベントなどは食品の生産プロセスと消費の在り方を学ぶ良質なプログラムであること。また、地方生産者の子どもたちによる都市での販売体験など、多面的な生産者と消費者との関係づくりに取り組む姿勢も社会的提案性が高いことなどが受賞理由。同グループでは、今回の受賞に対し、食を中心としたコープデリの事業や組合員・消費者参加の活動が子どもたちの未来を育み、また地域のネットワークを形成する一助として評価されたことは大変うれしい。これからもSDGs の実現に向け、子育て応援を始めとした多彩な活動を広げていきたいとコメントしている。【優秀賞】 消費者担当大臣賞 ■受賞団体:コープデリ生活協同組合連合会 ■受賞作品名:コープデリの子育て応援 ■受賞部門:子どもたちの創造性と未来を拓くデザイン部門 ■受賞カテゴリー:コミュニケーション 子育て支援