2010年5月13日 【 フードボイス発 】

セブン-イレブン ラーメン亭孔明・監修「冷しつけ麺」新発売

2月11日、セブン-イレブン・ジャパンはラーメン亭孔明が監修した「冷しつけ麺」(税込450円)を新潟県限定で発売した。ラーメン亭孔明(藤野尚志店主)は2003年4月の開店以来「つけ麺」を看板商品とし、現在でも人気を集めている。セブン-イレブンでは今年2月に初めて同店と取組んだ「つけ麺(あつもり)」が、同時期に発売したラーメンの約3倍の販売となり、大変好評を得た。今回の商品はラーメン亭孔明の店主がアドバイスした、お店のメニューにはない「冷たいつけ麺」をセブン-イレブンオリジナル商品として共同開発した。同商品の特徴は、うるめいわしと、かつおのスープにあさりダシを加えた魚介風味スープ。具材には、蒸し鶏、刻みねぎ、メンマ、煮卵、なるとを使用した。