2016年5月14日 【 minono 】

AGF「上賀茂神社境内にて神山湧水珈琲でおもてなし」

AGF(横山敬一社長)と京都の名水神山湧水を守り続けてきた世界文化遺産上賀茂神社は、当神社の第42回式年遷宮(平成27年10月)を記念して昨年スタートした文化事業「世界文化遺産上賀茂神p751_2-thumb社 式年遷宮記念文化事業 Supported by AGF」を京都市協力のもと、今年も継続して実施した。水の大切さと文化を次世代に伝え、自然を敬う心を育てていくことを目的とした本文化事業の一環として、ゴールデンウイーク中の5月4日と5日に上賀茂神社の境内、二ノ鳥居内に「神山湧水珈琲」ブースが設置され,2668名の参拝者や、観光客に上賀茂神社を流れる「神山湧水」を活かすように特別にブレンドされた「神山湧水珈琲」を無料提供した。上賀茂神社とAGFは今秋にも文化事業の共同実施や境内での珈琲の無料提供を予定しおり、今後も神社とAGFの水のつながりから生まれた「神山湧水珈琲」を通じて京都や神社の自然に思いを馳せる時間を提供していく。