日清ヨーク「短編小説とコラボしたヨークル」新登場

      執筆者:motoe

日清ヨーク株式会社 (社長:前田健二) は、「ヨークル 54字の冬物語」を1月8日に全国 (沖縄を除く) で新発売する。「ヨークル」は冬をイメージした真っ白な乳酸菌飲料で、ごくごく飲めるコクと甘さが特長。2018年1月に発売した「冬の白いヨークル」は、あたりまえの事を情緒的に表現したユニークなポエムをパッケージにプリントし、「ポエムが面白くてつい買ってしまった」など、楽しみながら飲める乳酸菌飲料として話題となった。今回発売する同商品は、裏に隠された物語の意味を読み取る、なぞなぞを解くような面白さが話題の書籍「54字の物語」「54字の物語 怪」(出版社:PHP研究所) とコラボレーションし、著者である氏田雄介 (うじた ゆうすけ) 氏の書き下ろしによる「乳酸菌」と「冬」をテーマにした54文字の物語 (全6種) をパッケージに掲載したもの。さらに、PHP研究所が開催している「第3回 54字の文学賞*」で「ヨークル 54字の冬物語」とコラボした企画も予定されている。【商品概要】■商品名:ヨークル 54字の冬物語 ■内容量:450g ■希望小売価格:121円 (税別) ■発売日:2019年1月8日 ■販売地区:全国 (沖縄を除く)