灘五郷酒造組合「灘フェス2017」銀座で9/15から

      執筆者:fujino

灘五郷酒造組合は神戸市、西宮市と共催で、「日本一の酒処!灘の酒フェスティバル 2017 in 銀座」を東京・銀座にある時事通信ホールで9月15日、16日の2日間開催する。灘の酒と言えば、お馴染みの大手メーカーから、阪神・淡路大震災で倒壊後に再建した小さな蔵まで、日本一の生産量を誇る酒処。若い経営者へ代替わりが進み、伝統と革新を共存させながら自ら変革を起こそうとしている今年、本イベントは灘の酒を銀座でゆっくり飲み比べてもらおうと大関、日本盛、白鹿、沢の鶴、千代田蔵、櫻正宗、白鶴、菊正宗、剣菱、福寿の蔵元が出展して合計17蔵、約60種類の灘の酒をふるまう。当日は宮水の元祖、協会1号酵母の酒を今に伝える「櫻正宗」、創業500年からシンボルマークを守りグッドデザイン・ロングライフデザイン賞を受賞した「剣菱」、ノーベル賞公式行事で振舞われた「福寿」などが並び、冷や、これから寒い季節にじっくり飲みたい燗酒、じわじわと人気が広がる日本酒カクテルで味わう。また気に入ったお酒はお酒販売ブースで購入でき、灘の酒蔵の熱い想いを直接聞ける、またとない機会となる。また、食と酒器のブースでは、神戸に本社のある「六甲バター」がQBBチーズ、「日本ネスレ」がキットカットチョコレート、コーヒーを提供。兵庫の味を伝える「兵庫わくわく館」からおつまみ、他にも寿司、酒盗のクリームチーズ添えなどの和洋の料理が並び、木本硝子の日本酒グラスによる飲み比べも楽しめる。灘フェス2017公式サイトは、http://sakekampai.com/nadafes2017/。