ヤッホーブルーイング「生ホップ使用ビール」限定販売

      執筆者:fujino

ヤッホーブルーイングは、今年からホップの自社栽培を開始し、この秋収穫した生ホップを使用したビール「軽井沢高原ビール FRESH HOP ALE 2017」を販売する。9月29日より、国産ホップを使用したビールのイベント「フレッシュホップフェスト2017」にて、10月14日・15日には軽井沢・プリンスショッピングプラザ主催のイベント「ハッピーハロウィンフェア」にて提供する。また、10月18日からは公式ビアバル「YONA YONA BEER WORKS」全店にて数量限定で販売。同社では通常使用するホップは、収穫後に乾燥・圧縮し固形状にした保存性に優れたものを採用しているが、収穫したその日のうちにビールの仕込み釜に投入することで、フレッシュな生のホップでしか表現できない、クリーンな青々しさが感じられるビールが完成した。栽培したホップの品種はアメリカ原産のカスケードホップ。ホップのキャラクターであるレモンやシトラスのような柑橘の香りと、生ホップならではの青々しさが共存している。http://www.yohobrewing.com/