盛田「2018 ねのひ蔵開き」来年2月11日開催

      執筆者:motoe

盛田株式会社(本社:愛知県名古屋市/代表取締役社長:檜垣周作)は、2018年2月11日9:30から15:00まで、同社小鈴谷工場(愛知県常滑市小鈴谷字亀井戸21-1)にて、「2018ねのひ蔵開き」を開催する。「ねのひ蔵開き」は、1980年を皮切りに、常滑で生まれた同社の「今」を地元住民に一番に味わってもらうために開催してきたもの。2002年以降休止していたが、今年2月に16年振りに再開。来年も同社小鈴谷工場にて開催する。来年行われる「蔵開き」では、タンクから直にくみ上げた大吟醸のショット販売や、蔵開き限定酒の販売、また前回も好評を博した杜氏による酒講座に加え、新企画として、味噌蔵の見学ツアーも用意(共に当日先着予約制)。さらに、八丁みその量り売りや生たまりの販売、またイベントステージでは地元有志による和太鼓演奏や吹奏楽、三味線の演奏のほか、来場者も参加できる楽しい催しを多数用意される予定だ。また、蔵開きに合わせて、鈴渓資料館、盛田本家庭園も特別開放される。公式サイト URL:http://www.moritakk.com/