AGF「農林水産省食料産業局長賞を2年連続受賞」

      執筆者:箕野 進

AGF は、再生耐熱PET樹脂を100%使用したペットボトルの導入による「完全循環型リサイクル」の実現が認められ、「第38回食品産業優良企業等表彰」環境部門の「容器包装リサイクル推進タイプ」において農林水産省食料産業局長賞を昨年に続き2年連続で受賞した。 2012年春季より、AGFのボトルコーヒーに使用するペットボトルには、ペットボトルからペットボトルを再生する資源循環型リサイクル技術を採用していたが、AGFの主力ボトルコーヒーはホット充填のため耐熱タイプのPET樹脂を使用する必要があつた。しかし再生PET樹脂には非耐熱タイプしかなく、耐熱タイプの石油系PET樹脂も併用せざるをえないことから、再生PET樹脂の使用率は50%にとどまっていた。 昨年、ペットボトルのケミカルリサイクルという世界唯一の革新的な技術によって、耐熱タイプの再生PET樹脂が開発されたため、AGFは2016年春季よりこれを取り入れ、主力商品に再生耐熱PET樹脂を100%使用したペットボトルを導入し、「完全循環型リサイクル」を実現した。これは世界の飲料メーカーの中でも唯一AGFだけが行う取り組み。これにより、原料として年間約2,000トン相当(概算)の石油資源使用量を削減する事が可能になった。 また、2015年春季より、独自の環境マークである「ほっとするエコ」マークの商品パッケージへの表示を開始している。再生PET樹脂を使用しているペットボトル商品には「再生プラでエコ」のマークを記載し、需要者に環境への取り組みが一目でわかる情報として発信している。