ネスカフェ「香味焙煎」香りと味わいを一新し新商品発売

      執筆者:shirai

ネスレ日本は9月1日より、発売20周年を機に「ネスカフェ 香味焙煎」を一新し、3つの味わいで新発売する。近年、サードウェーブコーヒーが話題になるなど、スペシャルティーコーヒーを求めるユーザーが増え、コーヒー専門店、通販サイトなどでこだわりの豆を購入して自宅で楽しむ習慣が広がっている。1998年に発売された同シリーズは、日本人の繊細な味覚に合う、日本人のためのコーヒーとして、多くのこだわり派に愛されてきたシリーズ。今回は「2016World Brewers Cup Champion」の粕谷哲氏をアドバイザーに迎え、素材選びから1杯のコーヒーがカップに注がれるまで、それぞれの工程を手がける職人たちがこだわり抜いて作り上げるという新コンセプト「Japanese Craft Coffee」(ジャパニーズ クラフト コーヒー)のもと、香りや味わいを全面的に刷新した。産地の風土や気候、長い時間を経て育まれた個性的な土壌、独特の精製プロセスなど、各々の特長的な味わいや香りを形成する個性豊かなストーリーを背景として持った希少な豆を世界中から厳選して使用。豆の特長・魅力を最大限に引き出すことができる方法として、コーヒーが入ったバッグにお湯を注ぎ、漬けるだけで、誰でも簡単に希少豆の本格的な味わいを均一に抽出することができる「DIP STYLE」を考案した。今回発売となるのは、コロンビア産コーヒー豆の全収穫量に占める割合が約4%程度の、希少なクンディナマルカ地方の豆を中心に使用し、重厚感のあるボディと切れの良い苦み、すっきりした後味が特長の「ネスカフェ 香味焙煎 濃厚 クンディナマルカ ブレンド」、コスタリカ産コーヒー豆の全収穫量に占める割合が約0.25%程度の、コスタリカ タラス地方の希少なハニープロセス豆を中心に使用し、ほのかな甘みと、赤ワインのようなフルーティな香り、円やかな口当たりが特長の「ネスカフェ 香味焙煎 円やか ジャガーハニー ブレンド」、ウガンダ産コーヒー豆の全収穫量に占める割合が約0.9%程度の、ルウェンゾリ山麓の希少な豆を中心に使用し、大地溝帯のミネラルに富んだ土壌がもたらす、クランベリーのような鮮やかな酸味、軽やかでシルキーな口当たりが特長の「ネスカフェ 香味焙煎 鮮やか ルウェンゾリ ブレンド」となる【製品名 / 内容量 / 希望小売価格(税抜)】■ネスカフェ 香味焙煎 濃厚 クンディナマルカ ブレンド 40g / 40g / \624 / 9月1日(土) ■ネスカフェ 香味焙煎 濃厚 クンディナマルカ ブレンド エコ&システムパック 50g / 50g / \749 ■ネスカフェ 香味焙煎 濃厚 クンディナマルカ ブレンド DIP STYLE 5p / 3.4g×5p / \373 ■ネスカフェ 香味焙煎 円やか ジャガーハニー ブレンド 40g / 40g / \624 ■ネスカフェ 香味焙煎 円やか ジャガーハニー ブレンド エコ&システムパック 50g / 50g / \749 ■ネスカフェ 香味焙煎 円やか ジャガーハニー ブレンド DIP STYLE 5p / 3.4g×5p / \373 ■ネスカフェ 香味焙煎 鮮やか ルウェンゾリ ブレンド 40g / 40g / \624 ■ネスカフェ 香味焙煎 鮮やか ルウェンゾリ ブレンド エコ&システムパック 50g / 50g / \749 ■ネスカフェ 香味焙煎 鮮やか ルウェンゾリ ブレンド DIP STYLE 5p / 3.4g×5p / \373